かなざわのへそ|観光雑誌には載っていない金沢市の魅力をクリエイター目線で発信しています

金沢哀愁屋上 其の弐「めいてつ・エムザ」

 
 

0

 
 

金沢哀愁屋上シリーズ第弐段です。
今回は金沢の武蔵町にある「めいてつ・エムザ」の
哀愁溢れる屋上と併設されたプレイランドをご紹介します。

エレベーターの屋上階で降りると
この手のデパートには必ずあるノスタルジックなプレイランドが出迎えてくれます。

This is the second story of Kanazawa Nostalgic Rooftop series. Let me introduce a rooftop of “Meitetsu Emuza” and a playground located there. Going to the highest floor with a lift, you can find a nostalgic playground that all similar department store have.

 
 

1

2

3

 
 

歴史を感じるゲーム機器たちと
ビカビカに磨かれた床のコントラストが実にすばらしいです。

Video games that has a long history and furbished floor generate a great contrast.

 
 

4

5

6

 
 

乗り物の無骨なハンドル…

handle is not sophiscated

 
 

7

 
 

黒ひげ危機一発ならぬ
海賊カン一髪…

this is similar to Pop-up Pirate but not the same….

 
 

8

 
 

電車でGO!は残念ながら調整中。
調整が終わる日は来るのだろうか…

 Densha-de-go was under maintenance. I wonder when the game opens agin.

 
 

9

 
 

シーソーの遊び相手を待つパンダは伏し目がち…

Panda is looking down while waiting for a friend to play seesaw.

 
 

10

 
 

プレイランドの横は屋上のフリースペース。
まずはお稲荷さんにご挨拶。

デパートにお社があるのは
商売繁盛の神様を祀っているからで
屋上にあるのは、人が神様の上を歩かないようにするためとのこと。

There is a free space next to the playground. I visited Daimoyojin, god for business that is located on rooftop so that no one walk above it.

 
 

11

12

 
 

お隣のANAのホテルがそびえ立っています。

There is a building of ANA next to it.

 
 

13

14

 
 

この日のお客さんは3人。
メンズトークを楽しむ2人と
一服中の男性。
哀愁あふれる客層です。

There are only 3 people. Two of them enjoy a talk while the other was smoking, which generate a mood of nostalgy. 

 
 

15

 
 

周辺は近江町市場やかなざわはこまちが見え
活気に溢れています。
その活気が屋上の寂しさをより引き立ててくれます。

The area around here is so active with Oumi-machi factory and Kanawaza-hokomachi, which make the rooftop more nostalgic.

 
 

16

 
 

ここもまた時の流れが止まったかのような
哀しき屋上なのです。

「めいてつ・エムザ」自体は活気に溢れてます。
奥さんの買い物に付き合わされたそこの旦那さん
ふらっと屋上に立ち寄って
ひとときの黄昏をご堪能くださいませ。

You can feel as if the time stops here while “Meitestu-Emuza” is very active. Guys who are tired of following your wives for their shopping, how about visiting this nostalgic places? 

 
 

【哀愁評価】

哀愁スメル / Sorrow smell
★★★★☆
※屋上に漂う時が止まったと錯覚するような香り

哀愁ビュー / Sorrow view
★★☆☆☆
※センチメンタルに浸れる屋上からの眺望

哀愁サウンド / Sorrow sound
★★★★☆
※幼少期の体験がフラッシュバックするようなBGMや環境音

トータル哀愁 / Total sorrow
★★★☆☆

 
 

ADDRESS:金沢市武蔵町15-1

 
 

17

 
 

※取材当時の情報のため、現在と異なる場合がございますが、ご了承ください。

Author

2017-02-23

アートディレクター / デザイナー

Art Director / Designer

emori yohei

金沢生まれ金沢育ちの広告デザイナー。
デザイナーはじめて11年目。金沢が居心地良すぎて県外で生活できない人。

An advertising designer born and raised in Kanazawa.
Designer for the first time in 11th year. Those who can not live outside of the prefecture because Kanazawa is too comfortable.

Recent Report