かなざわのへそ|観光雑誌には載っていない金沢市の魅力をクリエイター目線で発信しています

犀川緑地 vol.2 大桑貝殻橋

img_1597

犀川緑地 vol.2 大桑貝殻橋

犀川の中流にある「大桑貝殻橋(おんまかいがらばし)」の河原は、「大桑層」(おんまそう)という地層が綺麗に露出してる地質学的に重要な意味を持っている場所で世界的にも珍しい所のようだ。

その、大桑層の特徴として貝の化石が大量に地層に埋まってる事で有名な場所で、釣り人達も多く訪れる犀川のポイントのひとつ。

img_1646 img_1645 img_1636

とても化石が多すぎて、化石発掘みたいな感じではないんですが

大昔、この場所が海だったんだなぁと感じさせてくれるだけの貝の化石の多さはあります。

img_1596

img_1628

砂が固まった様な岩群は、甌穴と呼ばれる自然が作り出した穴が無数に空いていて

岩肌も綺麗な曲線に窪んで、そこに水が溜まって、

普段見慣れてないからなのか

何かの形にみえたり、ムンクの絵画にも見えたり、エッシャーの版画に見えたり、

個人的には面白い空間でした。

img_1651

img_1626

img_1601

割った石の中もぎっしり

小さい化石が入って

標本みたいで良いですね。

img_1638

川の流れが早いのか、草たちは川の流れに沿って

ほとんど真横に倒されているんだけど

根っこがしっかり地面を掴んでるのを見ると

生命の力強さを感じたり、、、

img_1621

そんな、ちょっとした非日常を感じられるスポットです。

場所は犀川の大桑地区、山側環状線の大桑で下りて川沿いの上流を目指して行けば、割とすぐの所にあります。

山側環状線を通ると見える場所なので、気になっている人もいるのでは?
僕は気になってました。笑

化石が好きな人には、オススメです。

img_1587img_1588img_1600img_1584

 

※取材当時の情報のため、現在と異なる場合がございますが、ご了承ください。

Author

okajima

アートディレクター / インテリアスタイリスト

Art Director / Interior Stylist

オカジマケンイチ Kenichi Okajima

1970年、石川県金沢市に生まれ。1995年からフリーランスで活動を始める。グラフィックデザイン、広告アートディレクション、クリエイティブディレクション、商品開発、建築、商業空間&住空間ディレクション、イベント企画、ディスプレイデザイン、竹を使ったオブジェ制作など平面から立体、空間まで数多くの分野を手がける総合クリエイター。

Born in Kanazawa City, Ishikawa Prefecture in 1970. Started working freelance from 1995. A comprehensive creator who handles a number of fields from plane to three dimensions and space such as graphic design, advertising art direction, creative direction, product development, architecture, commercial space & living space direction, event planning, display design, creator of objects using bamboo.

Recent Report