かなざわのへそ|観光雑誌には載っていない金沢市の魅力をクリエイター目線で発信しています

滝本茣蓙店

 
 

img_2012

 
 

ここは小松市龍助町のバス停の前。
趣きのあるこの建物は、アンテーク、ヴィンテージ、日用雑貨や家具などを扱っている「滝本茣蓙店」。
この通りは昔のメインストリートだったようで、昔の町家と現代の建物が混在してる通りで
当時の町家を維持しながら、お店と住居も兼ねているこの建物は小松市の町家認定にもなっているようだ。
This is in front of the bus stop in Ryusuke Town, Komatsu City.
This tasteful building is “Takimoto mat shop ” dealing with antique, vintage, daily goods and furniture.
This street seems to be an old main street, as it is a mixture of old town house and contemporary building. While maintaining a town house at the time, this building also serving as a shop and a residence seems to be also certified as a townhouse in Komatsu city.

 
 

img_2024

 
 

看板をみると SINCE 1480 と書いてある。
なんと、500年以上前ではないですか!
文明の年号だと室町幕府時代にあたる時に創業なんて歴史を感じます。
これだけ長く続いているお店は、なかなか出会えないですよ。
Looking at the signboard, it says SINCE 1480.
How a 500 years ago!
I feel the history that was founded at the time equivalent to Muromachi shogunate era when it is the year of “Bunmei”.
The shop which has been going on for such a long time is hard to meet.

 
 

img_2027

 
 

店頭のショーウインドーもレトロな商品やレディースの洋服までディスプレイされていて
この店には、どんな商品があるのかワクワクしますね。
しかし、ショーウインドーからは、茣蓙店の印象は感じられないけど…
Shop front show windows are also displayed to retro items and clothes for ladies, so I’m excited about what products are there in this store.
However, from the show window, I can not feel the impression of the mat shop, but …

 
 

img_1949

img_2008

img_2006

img_1955

 
 

お店の中もアンテークの物やヨローッパ調の雑貨、ぶら下がっているランプもいい味出してますね。
もちろんアンティークなヴィンテージ物ばかりではないですよ。
Inside the shop, we also taste the antique items, the europe-style goods, and the hanging lamps.
Of course not all antique vintage items.

 
 

img_2001-2

 
 

もちろん茣蓙も売ってます。
Of course, the store sells the mat(GOZA).

 
 

img_1981

 
 

お店は奥へ奥へと繋がっていて、奥に行くほど和風テイストの雑貨が並んでいます。
最近は、和の雑貨で粋な物が少ない中、良さそうな雑貨がたくさんありました。
The shop is connected to the back to the back, the more sundries of Japanese style taste lined up as you go to the back.
Recently, there are many miscellaneous goods that seems to be good while Japanese goods are few stylish items.

 
 

img_1985

 
 

通路の横には、良く手入れされた中庭を発見!
これも室町時代からあるのかと思うと、重みを感じますね。
Next to the aisle, we found a well-maintained courtyard!
I think that this is also from Muromachi era, I feel a heavy weight.

 
 

img_1976

 
 

さらに、奥へと進んで行くと大きく重そうな扉の前に、これまた大きな壺があり、扉には見慣れた家紋が金色に輝いている。
ここは昔でゆうと蔵なんだけど、今は店舗の一部として利用されている。
しかし、なかなか重厚感のある扉。さぞかし昔はお宝が保管されていたんだろうな。
In addition, there is also a large jar in front of a door that seems to be heavy when going to the back, familiar family crest shining golden at the door.
This is an old warehouse, but now it is used as part of the store.
However, it is quite profoundly a door. Sounds that treasure was kept in old days.

 
 

img_1964

 
 

日本の古い物からアジアのアンテーク家具が所狭しと並んでいます。
ここでしか出会えない家具もたくさんありそう。
It is lined with narrow streets from old Japanese things to Asian antique furniture.
There seems to be many furniture which I can only meet here.

 

昔は茣蓙屋をしていたようですが、時代の流れに合わせて日用雑貨も扱うようになったそうです。
それにしても、この「和風」と「洋風」、「古い」と「新しい」の
ミックススタイルは他のお店では味わえない感覚。
オーナーはもちろん滝本家の人々で、もう何代目なの?と疑問はあるけど
ここの若旦那とは、お仕事で良くお世話になっています。
洋風雑貨や家具は若旦那が仕入れて、和風雑貨や家具などは先代が仕入れしている様子。
親子や家族で一つのお店を守り続けているって素晴らしい事ですね。
小松駅からもそんなに離れてないですし、気になった方は是非立ち寄ってみてはいかがですか?
若旦那が仕入れている輸入家具(フランス・イギリス・ベルギー・アメリア・モロッコ・インド・上海・インドネシアetc…)は、店頭に並んでいるだけではなく倉庫にもストックがあって海外のアンティーク、ヴィンテージがお好きな方は要必見です。
It seems that he used to be a mat (ZOZA) store in the past, but he seems to be dealing with miscellaneous goods according to the flow of the times.
Anyway, the style that mixed “Japanese style” and “Western style”, “old” and “new” is a sense that other shops can not taste.
Of course, the owner is the people of the waterfall head family, what is it again? Although there is a doubt, I am well indebted with my husband here at work.
Western style miscellaneous goods and furniture are purchased by young people, and Japanese-style miscellaneous goods and furniture are appearing by the previous generation.
It is wonderful to keep one shop in parent and child and family.
It is not far from Komatsu station so if you are interested, why not stop by all means?
Imported furniture purchased by young people (France, UK, Belgium, Amelia, Morocco, India, Shanghai, Indonesia etc …) are stocked not only in the storefront but also in the warehouse and foreign antiques and vintage Those who like it is a must-see.

 
 

ADDRESS : 〒923-0926 石川県小松市龍助町30
TEL:0761-22-1771
WEB : http://www.traveling-furniture.com
OPEN:10:00〜19:00
CLOSE:水曜日

 
 

※取材当時の情報のため、現在と異なる場合がございますが、ご了承ください。

Author

okajima

アートディレクター / インテリアスタイリスト

Art Director / Interior Stylist

オカジマケンイチ Kenichi Okajima

1970年、石川県金沢市に生まれ。1995年からフリーランスで活動を始める。グラフィックデザイン、広告アートディレクション、クリエイティブディレクション、商品開発、建築、商業空間&住空間ディレクション、イベント企画、ディスプレイデザイン、竹を使ったオブジェ制作など平面から立体、空間まで数多くの分野を手がける総合クリエイター。

Born in Kanazawa City, Ishikawa Prefecture in 1970. Started working freelance from 1995. A comprehensive creator who handles a number of fields from plane to three dimensions and space such as graphic design, advertising art direction, creative direction, product development, architecture, commercial space & living space direction, event planning, display design, creator of objects using bamboo.

Recent Report