かなざわのへそ|観光雑誌には載っていない金沢市の魅力をクリエイター目線で発信しています

はやし商店

 
 

img_1933b

 
 

いしかわ動物園の近くにある「はやし商店」は、アンティーク家具や古道具・子供服など、
女性がやってるショップならではの小物もあって、レトロなモノが好きな人はたまらない空間だと思う。
最近は、ドライフラワーの作り方をマスターしたらしく、店内には自作のドライフラワーがたくさん飾ってあった。
In “Hayashi shop” near Ishikawa Zoo, there are also small items unique to women’s shops such as antique furniture, old furniture and children’s clothes, I think that people who like retro things are unbearable spaces.
Recently, I seemed to have mastered how to make dry flowers, and inside the store was a lot of original dry flowers decorated.

 
 

img_1891

img_1947

img_1896

img_1939

 
 

お店は古民家をリノベーション。ほとんどDIY。ストーブ設置もDIY。
あるところは和室の雰囲気を残したまま使っていて絶妙に置いてあるものとマッチしていてなんだか不思議な空間です。昔の和室のデザインてシンプルで直線的なデザインが多いので以外と洋のモノとも相性良いですね。
The store renovated the old private house. It is almost DIY. Installation of the stove is also DIY.
Some place is a strange space that matches what is exquisitely used while leaving the atmosphere of Japanese style room. It is a good compatibility with other goods of western as there are many simple and linear designs of old Japanese style room.

 
 

img_1907

img_1901

 
 

このテーブルもブリティッシュアンティーク。
セットのチェアーもあってセットで置くと迫力あります。
かなり広めの部屋じゃないと置けないので、どんな人が買って行くのか?このままお店の残るのか?気になる商品ですね。
This table is also British antique.
There is also a chair of the set and it is powerful to put it in a set.
Because we can not put it if it is a rather broad room, what kind of people will buy it? Will this store remain as it is? It is a product you care about.

 
 

img_1924

img_1923

img_1922

 
 

アンバー色の食器は、何枚か僕も持っていますが
レトロとモダンの雰囲気を醸し出していて好きな食器です。
薬ビンとかも同じような薬ビンに見えるかも知れないけど、実はひとつひとつに個体差があるので注意深く見るとそれぞれの表情があるので、揃って並んでいると良くわかります。
個人的には、ビーカーやメモリが入った容器に弱いです。笑
昔、誰かの家で応接間にあったな〜と思い出させる帆船模型。
グラスやコップもどこか懐かしいモノばかり。
I have some amber – colored tableware, but it is a favorite dishware that brings out the retro and modern atmosphere.
Although it may seem like a medicine bottle like a medicine bottle, in fact there are individual differences in each one, so carefully see each expression, so you can understand well that they are lining up side by side.
Personally, it is weak in a container containing a beaker or memory. I will make you laugh.
A sailing boat model that reminds me that I was in a reception room at someone’s house long ago.

 
 

img_1943b

 
 

どう見ても顔にしか見えない電話機も、めちゃめちゃ可愛い。
Even if you see it, phones that only look like faces are very cute.

 
 

img_1886

 
 

店頭に置いてあるモノも、自然と調和してるが如くの雰囲気が期待感を感じさせてくれます。
掘り出しモノも探せば見つかるかも知れませんよ。
The things in the shop are also harmonious with nature, but the atmosphere makes me feel expectation.

 
 

img_1881

 
 

この大きな白いのれんが目印。
横にもジャンクプレイバックファクトリーという、ジャンク用品をマニアックに販売してる店もあるし、面白いエリアになってます。
This large white goodwill is a landmark.
There is also a store selling junk supplies to maniac, also called Junk Playback Factory beside, and it has become an interesting area.

 
 

ADDRESS : 〒923-1222 石川県能美市徳山町2013
TEL:0761-46-5624
WEB : http://hayashi-shoten.com
OPEN:11:00〜18:00
CLOSE:水曜日/第1・第3木曜日

※取材当時の情報のため、現在と異なる場合がございますが、ご了承ください。

Author

okajima

アートディレクター / インテリアスタイリスト

Art Director / Interior Stylist

オカジマケンイチ Kenichi Okajima

1970年、石川県金沢市に生まれ。1995年からフリーランスで活動を始める。グラフィックデザイン、広告アートディレクション、クリエイティブディレクション、商品開発、建築、商業空間&住空間ディレクション、イベント企画、ディスプレイデザイン、竹を使ったオブジェ制作など平面から立体、空間まで数多くの分野を手がける総合クリエイター。

Born in Kanazawa City, Ishikawa Prefecture in 1970. Started working freelance from 1995. A comprehensive creator who handles a number of fields from plane to three dimensions and space such as graphic design, advertising art direction, creative direction, product development, architecture, commercial space & living space direction, event planning, display design, creator of objects using bamboo.

Recent Report